FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

指定期間 の記事一覧

Windowsで動く多機能サーバソフト BlackJumboDog Web/メール/プロキシ/FTP/DHCP/DNS フリーソフト

2016.05.25 (Wed)

ルータ、スイッチ、UTM、IPS等のネットワーク機器の
トラブルシューティングや、動作検証を行う際、
各種サーバアプリケーションが必要になる場合が多々ある。

実環境と同じ環境は必要ないものの、
クライアント・サーバ間の動作検証で
いちいちサーバをセットアップしている暇など無い。

そういう場合に役立つのがBlackJumboDogというフリーソフトだ。

非常に多機能で、
・Webサーバー
・メールサーバー
・プロキシーサーバー
・FTPサーバー
・DHCPサーバー
・DNSサーバー
の機能をこのソフト1つで動作させることが可能な最強ソフト。






Webサーバーは、CGIとSSIにも対応し、
メールサーバー、はSMTPとPOP3に対応している。

ノートパソコンにインストールしておけば、
使いたいときにすぐにセットアップして利用できる。

私が受け持った100名程度の規模の中小顧客で、
実際にBlackJumboDogを使ってLANを構築しているのを見たことがあり、
それ以降、便利でよく使うようになった。


インストールファイルは、MSI形式で提供され、
わずか数クリックでセットアップが完了する。

ダウンロードはこちらから


スポンサーサイト



Juniper JUNOSでSSHセッションを強制的に切断する方法 SRX MX EX

2016.05.25 (Wed)

JUNOSで稼働しているルータやスイッチにSSHでログインした状態で、
放置されたセッションがあり、強制的に切断したい場合がよくある。

職場の先輩が、結構放置するのでよく使うが、
すぐに忘れるのでメモ。

そうった場合は以下の手順を行う。







まずは、対象となるセッションを確認。

user2@SRX650> show system users
4:33PM up 114 days, 18 mins, 1 user, load averages: 0.05, 0.06, 0.06
USER TTY FROM LOGIN@ IDLE WHAT
user1 p0 10.0.50.23 2:00PM - -cli (cli)
user2 p1 10.0.51.22 2:54PM - -cli (cli)



対象となるセッション(TTY)がp0である場合、以下のコマンドを実行する。

user2@SRX650> request system logout terminal p0
logout-user: done


以上で強制ログアウト完了。

CentOS6のMySQLデータベースをCentOS7 MariaDBに移行したらエラー mysqldump: Couldn't execute 'show events' バックアップ/リストア

2016.05.20 (Fri)

CentOS6のMySQLデータベースを、
サーバ移行のためCentOS7 MariaDB環境へ移す作業を実施した。

おなみのmysqldump で全てのCentOS6のデータベースをバックアップ

mysqldump --opt --all-databases --events -u root -p > full-backup.sql







バックアップしたデータをCentOS7でリストア

mysql -u root -p <  full-backup.sql

したところ、下記のエラーが・・・

mysqldump: Couldn't execute 'show events': Cannot proceed because system tables used by Event Scheduler were found damaged at server start (1577)


調べてみたところ、mysql_upgradeを実行することで解決するらしい。

mysql_upgrade -u root -p --verbose

そしてMariaDBのリスタート

systemctl restart mariadb


この後、再度リストアしたところ、エラーは出なくなった。

 | HOME |  Next »