FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

指定期間 の記事一覧

ネットワークエンジニアに大人気の3CDaemonの代わりとなるtftp/syslog/dhcpサーバ 軽量フリーソフト

2017.06.29 (Thu)

私の周りのネットワークエンジニア達に人気の3CDaemon

ftp/tftp/syslogサーバとなる重宝するフリーソフトだが、
いかんせんかなり前から更新がストップしており、
ダウンロード先もよくわからない状態。





私の場合は昔にダウンロードしておいたものを使っているが、
そろそろ類似のツールが出ているだろうということで探してみつけたのが、

The industry standard TFTP serverというフリーソフト。

3CDaemonと似たような軽量のソフトだ。

残念ながら、ftpサーバはないが検証にはとっても便利。
順次、3CDaemonからThe industry standard TFTP serverに切り替えていこうと思う。

スポンサーサイト



FortiGate FortiOS5.6から1つのインタフェースで複数のPPPoE接続をサポート

2017.06.23 (Fri)

FortiOS5.6の新機能や変更点を調査して気になったことをメモ

これまで複数のPPPoEを1台のFortiGateで収容する際は
PPPoEセッション分の物理インターフェイスが必要でしたが、
FortiOS5.6より1つのインタフェースで複数のPPPoE接続をサポートされました。

■コマンド

config system pppoe-interace
edit
set dial-on-demand [enable|disable]
set ipv6 [enable|disable]
set device
set username
set password
set auth-type [auto|pap|chap|mschapv1|mschapv2]
set ipunnumbered
set pppoe-unnumbered-negotiate [enable|disable]
set idle-timeout
set disc-retry-timeout
set padt-retry-timeout
set service-name
set ac-name
set lcp-echo-interval
set lcp-max-echo-fails







■コマンド説明
・dial-on-demand - ダイヤルオンデマンド機能有効/無効
・ipv6 - IPv6を使用
・device - 物理インターフェイス名
・username - PPPoEユーザー名
・password - PPPoEパスワード
・auth-type - PPP認証のタイプ
・auto - 自動選択
・pap - PAP認証
・chap - CHAP認証
・mschapv1 - MS-CHAPv1認証
・mschapv2 - MS-CHAPv2認証
・ipunnumbered - unnumbered
・pppoe-unnumbered-negotiate - unnumberedネゴシエーション有効/無効
・idle-timeout - PPPoEが自動的に切断されるまでのアイドル時間(秒単位)。タイムアウトなしの場合は0
・disc-retry-timeout - PPPoEの最初の検出のタイムアウト値(秒単位)。0~4294967295。デフォルト= 1
・padt-retry-timeout - PPPoE終了のタイムアウト値(秒単位)。0~4294967295。デフォルト= 1
・service-name - PPPoEサービス名
・ac-name - PPPoE AC名
・lcp-echo-interval - PPPoE LCPエコーに許容される間隔(秒単位)。0~4294967295。デフォルト= 5
・lcp-max-echo-fails - 切断前のLCPエコーメッセージの最大数。0~4294967295。デフォルト= 3

FortiGate FortiOS5.6からアプリケーション制御はライセンス不要に

2017.06.23 (Fri)

FortiOS5.6の新機能や変更点を調査して気になったことをメモ

FortiGate FortiOS5.6からアプリケーション制御は
ライセンス不要で無料サービスになったようです。





Application Controlシグネチャの
データベースはIPSデータベースとは別のものです。

ただし、ボットネットアプリケーションのシグネチャは、
IPSシグネチャデータベースの一部であり、
セキュリティ問題と密接に関連しているため、アプリケーションの検出はできません。

 | HOME |  Next »