FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

指定期間 の記事一覧

Squidのリポジトリが遅すぎてタイムアウトエラーとなってしまう場合の対処方法 CentOS7

2018.10.22 (Mon)


Squidのリポジトリとして、
「http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/7/x86_64/」
を参照しているが、いかんせん遅すぎる。。
数バイト/秒しかダウンロード速度がでない。


yumアップデートすると、以下のようにタイムアウトエラーとなる。

------------------------------------------------------------------------------------
http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/7/x86_64/squid-helpers-4.3-1.el7.x86_64.rpm:
[Errno 12] Timeout on
http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/7/x86_64/squid-helpers-4.3-1.el7.x86_64.rpm:
(28, 'Operation too slow. Less than 1000 bytes/sec transferred the last 30 seconds')
他のミラーを試します。
squid-4.3-1.el7.x86_64.rpm FAILED
http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/7/x86_64/squid-4.3-1.el7.x86_64.rpm:
[Errno 12] Timeout on
http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/7/x86_64/squid-4.3-1.el7.x86_64.rpm:
(28, 'Operation too slow. Less than 1000 bytes/sec transferred the last 30 seconds')
他のミラーを試します。
------------------------------------------------------------------------------------












ココ以外のリポジトリを使う予定がないので、
どうしてもココからアップデートをしたいという場合にやるべき対処方法は、
タイムアウトを長くするしかない。


現状のリポジトリ設定は以下のとおり。


cat /etc/yum.repos.d/squid.conf
--------------------------------------------------------------------
[squid]
baseurl=http://www1.ngtech.co.il/repo/centos/$releasever/$basearch/
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=0
--------------------------------------------------------------------




タイムアウトの時間を長くするには、以下のとおり設定を追加する。


vi /etc/yum.repos.d/squid.conf
--------------------------------------------------------------------
minrate = 1 ←追加
timeout = 600 ←追加
--------------------------------------------------------------------


これで、時間はかかるもののタイムアウトエラーなく、
Squidのアップデートが可能となった。







スポンサーサイト



Juniper MXシリーズにおけるレイヤ3ポートミラーリング パケットキャプチャ

2018.10.22 (Mon)

MXルーターにてパケットキャプチャーを実施する機会があったのでメモ



□概要
・ge-0/0/1ポートのout方向のすべてのパケットをミラーリングする
・ミラーリングしたパケットをge-0/0/0の先に接続している
ノートPC(192.168.0.2)に出力する















1) ポートミラーリング用のフィルターを作成

set firewall family inet filter pcap term 1 then port-mirror
set firewall family inet filter pcap term 1 then accept



2)ミラーリングしたいI/Fに 1)で作成したフィルターを適用

set interfaces ge-0/0/1 unit 0 family inet filter output pcap



3) ミラーリング出力先のポートを設定

set interfaces ge-0/0/0 unit 0 family inet address 192.168.0.1/30



4) ミラーリングを設定

set forwarding-options port-mirroring input rate 1
set forwarding-options port-mirroring family inet output interface ge-0/0/0.0 next-hop 192.168.0.2
set forwarding-options port-mirroring family inet output no-filter-check



5) ノートPCのIP設定

IP:192.168.0.2
MASK:255.255.255.252

MXルーターのge-0/0/0にノートPCを接続









HP Proliant MicroServerで kernel : Hardware Error N54L N40L N36L CentOS7

2018.10.16 (Tue)

NAS兼録画サーバーとして運用中の我が家のCentOS7 on N54Lが
時々ハードウェアエラーを吐くようになってしまった。


Message from syslogd@n54l at Oct 16 00:06:11 ...
kernel:[Hardware Error]: Corrected error, no action required.

Message from syslogd@n54l at Oct 16 00:06:11 ...
kernel:[Hardware Error]: CPU:0 (10:6:3) MC1_STATUS[-|CE|-|-|AddrV]: 0x9400000000000151

Message from syslogd@n54l at Oct 16 00:06:11 ...
kernel:[Hardware Error]: Error Addr: 0x0000ffff810cc890

Message from syslogd@n54l at Oct 16 00:06:11 ...
kernel:[Hardware Error]: MC1 Error: Parity error during data load.

Message from syslogd@n54l at Oct 16 00:06:11 ...
kernel:[Hardware Error]: cache level: L1, tx: INSN, mem-tx: IRD








とうとう現行機gen10にリプレースか?と思いながら
同様の事例を検索していたところ、以下のフォーラムにたどり着いた。

https://www.claudiokuenzler.com/blog/777/hardware-error-parity-error-during-data-load-clean-the-cpu-heatsink#.W8UrImj7Rdg


どうやら埃が蓄積していたせい?

私もサーバーの内部を開けてみると、ものすごい埃・・・

清掃して1カ月が経過するが、同様のエラーは今のところ発生していない。






 | HOME |