FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Ubuntuへcactiをインストールする RRDTool サーバ ネットワーク 監視

2013.12.26 (Thu)
Cactiとは、RRD TOOLのGUIフロントエンドツールで、
サーバネットワーク監視に利用できる、
オープンソース(無料)のツールである。

プラグインが豊富に存在し、
様々な機能を追加できる。

例えば、グラフの値が閾値を超えた場合、
メールで通知する機能など。

CactiはMySQLやPHP,Apacheなどを利用し、
初心者には難しいが、Ubuntuの場合、
apt-get コマンドで半自動インストールができるため、
初心者にも簡単に利用が可能となっている。






Cactiをubuntuにインストールする手順をメモ


1,ターミナルを起動

2,Cactiインストール
user@ubuntu13:~$ sudo apt-get install cacti

3, インストール途中でMySQLのrootパスワードの変更
  新しいパスワードを設定して了解を押下。




4,phpのインクルードパスが変わった旨、
 メッセージが出るので、了解を押下。




5,Webサーバを選択する Apache2を選択し、了解を押下



6,データベースの設定について問わるので、はいを押下。



7,MySQLのパスワードを入力し、了解を押下




8,インストールが終了したら、
  ブラウザを開きアドレスバーに
http://localhost/cactiと入力し、Enterを押下。



9,Cactiのインストールガイドが表示されるため、Nextをクリック



10,New Installを選択し、Nextを押下



11,Cactiで使うソフトのインストールパスが表示されるので、
  すべてOK FILE FOUNDとなっていることを確認し、Finishを押下。




12,ログイン画面になるため、以下のデフォルトアカウントでログイン


Username:admin
Password:admin




13, パスワードの変更を求められるため、
  新しい任意のパスワードを入力し、saveを押下。




以上でインストール完了



YAMAHAルータの監視の様子




応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへブログ王ランキングに参加中!


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック