FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

2014.08.11 (Mon)
CentOS7がリリースされたため、評価をしようと思ってインストールしてみたところ、
今までのコマンド体系が大幅に変更となり、焦りました。。。

ただえさえLINUXが嫌いなのにさらに。。。w


ということで最低限必要なコマンドをメモ



#サービスの稼働状況一覧確認
systemctl list-unit-files --type=service


#サービス一覧表示
systemctl --type service


# サービスのステータス表示
systemctl status httpd.service


# サービスの起動
systemctl start httpd.service


# サービスの自動起動
systemctl enable httpd.service


# サービスの停止
systemctl stop httpd.service


# サービスの無効化
systemctl disable httpd.service


#サービス自動起動有効/無効化
systemctl enable firewalld
systemctl disable firewalld

※enable=自動起動有効,disable=無効,static=指定なし


#特定サービスのログ確認
journalctl -u sshd


#プロセスのCgroupsによる分類ツリー表示
systemd-cgls


#特定インタフェースの確認
ip a show dev eth0


#インタフェースの確認
ip addr
ip a


#インタフェースのパケットカウンタ確認
ip -s l




























#ソケットの確認
ss

ss -nat ※TCP
ss -nau ※UDP


#ARPテーブルの確認
ip neighbor
ip n


#インタフェースの無効/有効化
nmcli c down eth1
nmcli c up eth1


#ルーティングテーブル確認
ip route
ip r


#スタティックルート追加/削除
ip route add default via 10.0.0.1
ip route del default via 10.0.0.1
ip route add 172.16.0.0/24 via 10.0.0.1
ip route del 172.16.0.0/24 via 10.0.0.1


#ARPエントリ無効化/削除
ip neighbor flush 172.16.0.1 dev eth0
ip neighbor del 172.16.0.1 dev eth0


#eth1のIPアドレス/DNS設定例
nmcli c add type eth ifname eth1 con-name eth1
nmcli c mod eth1 ipv4.method manual ipv4.addresses "172.16.0.2/24 172.16.0.1"
nmcli c down eth1
nmcli c up eth1
nmcli con mod eth1 ipv4.dns "8.8.8.8 8.8.4.4"
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック