FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Juniper EX4300 でsFlowを有効化 ネットワーク見える化に挑戦

2016.02.24 (Wed)

SNMPでトラフィックを監視していたが、
それ以上のこと(どことの通信が多いか等)を確認したく、
sFlowを設定してみたのでメモ。


■要件
・観測インターフェース :ge-0/0/31
・サンプリングレート  :入/出共に2000
・ポーリング間隔    :60秒
・送信元IPアドレス   :10.0.0.254
・コレクターのIPアドレス:10.0.0.100
・ポート番号(UDP)    :9996







■コンフィグレーション

set protocols sflow collector 10.0.0.100 udp-port 9996
set protocols sflow source-ip 10.0.0.254
set protocols sflow interfaces ge-0/0/31.0 polling-interval 60
set protocols sflow interfaces ge-0/0/31.0 sample-rate ingress 2000
set protocols sflow interfaces ge-0/0/31.0 sample-rate egress 2000


■設定可能値
サンプリングレート:1~1073741823
ポーリング間隔  :0~3600(秒)

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック