FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Juniper MXシリーズルータで2つのlogical-system(論理ルータ)間をLogical Tunnel Interfacesを使って接続する

2017.02.22 (Wed)

Juniper MXシリーズにおいてlogical-systemを使って
2つの論理ルータを作成しているが、このルータ間でルーティング
する必要がでてきたのでメモ。

1.
show chassis fpcコマンドでルータにDPC、MPC、またはMICがインストールされ、
オンライン状態になっていることを確認。



user@MX> show chassis fpc
Temp CPU Utilization (%) Memory Utilization (%)
Slot State (C) Total Interrupt DRAM (MB) Heap Buffer
0 Online 39 10 0 1024 13 22






2.
論理トンネル(lt)インターフェイスをサポートするようFPCスロット0を設定及び反映。


[edit]
user@MX# set chassis fpc 0 pic 1 tunnel-services bandwidth 1g
user@MX# commit

show interfaces terseコマンドでルータに
論理トンネル(lt)インターフェイスが表示されるとを確認。



user@MX> show interfaces terse
Interface Admin Link Proto Local Remote
gr-0/1/0 up up
ip-0/1/0 up up
lt-0/1/0 up up



4.各logical-system上に論理トンネル(lt)インターフェイスを設定及び反映。

user@MX# set logical-systems LS-1 interfaces lt-0/1/0 unit 0 encapsulation ethernet
user@MX# set logical-systems LS-1 interfaces lt-0/1/0 unit 0 peer-unit 1
user@MX# set logical-systems LS-1 interfaces lt-0/1/0 unit 0 family inet address 10.0.0.1/30
user@MX# set logical-systems LS-1 interfaces lt-0/1/0 unit 0 family iso
user@MX# set logical-systems LS-2 interfaces lt-0/1/0 unit 1 encapsulation ethernet
user@MX# set logical-systems LS-2 interfaces lt-0/1/0 unit 1 peer-unit 0
user@MX# set logical-systems LS-2 interfaces lt-0/1/0 unit 1 family inet address 10.0.0.2/30
user@MX# set logical-systems LS-2 interfaces lt-0/1/0 unit 1 family iso
user@MX# commit


5.
インターフェイスが正しく設定され、
論理システムが稼動していることを確認



user@MX> show interfaces terse
Interface Admin Link Proto Local Remote
ip-0/1/0 up up
lt-0/1/0 up up
lt-0/1/0.0 up up inet 10.0.0.1/30
iso
lt-0/1/0.1 up up inet 10.0.0.2/30
iso




6.
各種ルーティングプロトコルを動作させればOK。


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック