FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

FrotiGateトラブルシューティング FSAE コレクタエージェントでUser status "Not Verified"となる

2017.08.22 (Tue)

〇事象

コレクタエージェントで「ログオンユーザを表示」を選択すると、
ステータスが「確認されていません」にとなってことがあります。

このメッセージの意味を説明し、いくつかの一般的な原因を示します。











〇一般的な原因

コレクタエージェントは、DCエージェントから
ユーザのログインイベントを受信している間はログアウトイベントを生成しません。

そのため、コレクタエージェントは、そのホスト上のレジストリをチェックして、
ユーザがまだログインしていることを確認する必要があります。

コレクタエージェントがこのチェックを実行するために
ポート139および445のホストに接続できない場合、
ホストステータスは「検証されていません」にとなり、
ログエントリがコレクタエージェントログに追加されます。

01/01/2010 01:23:45 [ 1884] name_ip_match: failed to connect to workstation: (192.168.1.1)



コレクタエージェントがユーザのワークステーションに
接続できなくなる原因にはいくつかあります。
最も一般的な原因は次のとおりです。



1.
最も一般的なのは、ユーザーのワークステーション上の
ホストファイアウォールでポート139および445をブロックしています。
ホストファイアウォール上でポートを開放するか、すべてに無効にしてみてください。


2.
途中経路上のファイアウォール等が、
コレクタエージェントとユーザのワークステーション間の
ポート139および445をブロックしています。


3.
リモートレジストリサービスがユーザーのワークステーションで実行されていない場合、
コレクタエージェントはリモートからレジストリに接続できません。
リモートレジストリサービスが実行されていることを確認します。


4.
MSのアップグレードに関する問題が原因である可能性があります。
http://support.microsoft.com/kb/892192

Regeditコマンドを使用して、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurePipeServersを編集し
、winregの権限を設定し、RとWを使用してローカルサービスを許可します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FortiGate完全攻略 [ 椎屋淳伸 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)





関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック