FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

FortiGate FortiOS5.6.2 トランスペアレントWebプロキシ機能に対応

2017.08.23 (Wed)

通常のExplicit Web Proxyに加えて、
Transparent Webプロキシをサポートするようになりました。

Explicit Webプロキシとは異なり、Transparent Webプロキシは
ユーザは何もする必要がないという利点があります

Transparent Webプロキシの場合、
サポートされているWebトラフィックをプロキシに転送します。
ユーザサイドでブラウザを再設定する必要はありません










またはPACファイルを公開することができます。

透過プロキシを使用して、ファイアウォールポリシーで受け入れられた
HTTPトラフィックにWeb認証を適用できます。

通常のFortiOS認証はIPアドレスベースです。
ユーザーはIPアドレスに従って認証され、
このIPアドレスに基づいてアクセスが許可または拒否されます。

IPアドレスに基づく認証が動作しない場合は、
透過的なWebプロキシを使用して、ユーザーのブラウザに基づくWeb認証を適用できます

IPアドレスではなくこの認証方法を使用すると、
複数のネットワーク上のユーザーは、同じIPアドレスからFortiGateに接続しています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック