FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

FortiGate プライマリ・セカンダリ冗長経路を作成するためのスタティックデフォルトルートの優先順位の設定

2017.08.23 (Wed)


状況によっては、RPF(Reverse Path Forwarding)の理由により、
FortiGateは2つの外部インターフェイスで2つのデフォルトスタティックルートを
保持する必要がありますが、次の要件があります。

・両方のインターフェイス(次の例ではwan1とwan2)で着信トラフィックを許可します。
・発信トラフィックの優先パス(wan1のみ)があるため、
 ECMP(Equal Cost Multiple Path)の要件はありません。








解決策は、以下に示すように、同じdistanceで、異なる優先度を持つ
2つのデフォルトルートを設定することです。

優先度フィールドで最も低い値を持つルートが最適ルートとみなされ、
以下の場合wan1がプライマリルートとなります。


config router static
edit 1
set device "wan1"
set gateway 10.0.0.254
next
edit 2
set device "wan2"
set gateway 10.0.1.254
set priority 10
next
end

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック