FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

FortiGate DHCP トラブルシューティング DHCPサーバーからDHCPアドレスを取得できない場合の調査手順

2017.08.23 (Wed)


◯事象

FortiGateは、DHCP経由でアドレスを提供するルータに接続されています。
その状況下で期待どおりの動作をしない(DHCPでIPアドレスが払い出されない


そういった場合は、
トラブルシューティングに役立つ情報を収集する必要があります。


次のCLIコマンドを使用してデバッグをイネーブルにします。

この例ではwan1インターフェイスを使用しますが、
これを目的のインターフェイス名に置き換えることで
別のインターフェイスでもこのコマンドを使用できます。








1.
FortiGateへコンソール接続をしてデバッグを有効化します
次のコマンドを入力します。

diag debug reset
diag debug application dhcpc -1
diag debug enable


デバッグタイプのタイプを停止します。

diag debug reset
diag debug disable



2.
別のコンソールターミナルを開き、パケットキャプチャを実施します。
次のコマンドを実行します。

diag sniff packet wan1 'port 67 and 68' 3


※キャプチャを停止するには、CTRL + Cキーを押します。


3.
問題のあるインターフェイスでDHCPクライアントを有効にします。


4.
DHCPの障害が発生するまですべての出力をキャプチャし、
この情報を解析します。

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック