FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

FortiGate-VM 5.6系のトライアル版でHA構成が組めるようになった 仮想環境ESXi

2018.06.07 (Thu)

VMware ESXi6.7上にFortiGate-VM FortiOS 5.6.3を
インストールして動作検証をしているが、
これまで使用していた5.4系のトライアル版では、HA構成が組めなかったが、
FortiOS 5.6系ではHAが組めるようになった模様。

期間の制限はあるものの、エンタープライズ環境でよく使われるHA構成を
VMトライアル版で評価できるのは非常にありがたい。










まずは、ESXiの設定から。

HA専用のvSwitchを作成する必要がある。

また、HA専用のvSwitchでは、セキュリティ設定の
「MACアドレスの変更」、「偽装転送」を許可する必要がある。





◯設定変更手順

1.ESXiのWebUIにログイン。
2.左側のペインでVMwareサーバーを選択し、右側のペインで[ 構成 ]タブを選択。
3.ハードウェアのネットワークを選択。
4.HA専用のvSwitchを新規作成
5.作成したvSwitchの[プロパティ]ウィンドウの左ペイン、vSwitchを選択し、[編集]をクリック。
6.[セキュリティ]タブを選択し、「無作為モード」「MACアドレスの変更」「偽装転送」を[ 承諾 ]に設定し、[ OK]を選択。





次に、FortiGate-VMの設定変更だが、
アプライアンス版と同じ手順なので割愛します。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FortiGate完全攻略 [ 椎屋淳伸 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2018/6/7時点)







関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック