FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Juniper JUNOSのshowコマンドで正規表現が使えるので抽出がとても便利 CLIコマンド

2018.06.07 (Thu)


Juniper EX2300とEX4300スイッチを触っているが、
特定のタイプのインターフェイス情報のみを表示させたい時、
たとえば、ge-からはじまるインターフェイスのみを、
show interfaces terseの結果から抽出したい時、
これまでは以下のようにパイプ(|)でつないでmatchオプションを使っていた。





{master:0}
admin@EX4300> show interfaces terse | match ge-
ge-0/0/0 up up
ge-0/0/0.0 up up eth-switch
ge-0/0/1 up up
ge-0/0/1.0 up up eth-switch
ge-0/0/2 up down
ge-0/0/3 up down
ge-0/0/4 up up
ge-0/0/4.0 up up eth-switch
ge-0/0/5 up down
ge-0/0/6 up down
ge-0/0/7 up down
ge-0/0/8 up down
ge-0/0/9 up down
ge-0/0/10 up down
ge-0/0/11 up down
ge-0/0/12 up up
ge-0/0/12.0 up up eth-switch
ge-0/0/13 up up
ge-0/0/13.0 up up eth-switch
ge-0/0/14 up down
ge-0/0/15 up up
ge-0/0/15.0 up up eth-switch
ge-0/0/16 up down
ge-0/0/17 up down
ge-0/0/18 up up
ge-0/0/18.0 up up eth-switch
ge-0/0/19 up down
ge-0/0/20 up down
ge-0/0/21 up up
ge-0/0/21.0 up up eth-switch
ge-0/0/22 up up
ge-0/0/22.0 up up eth-switch
ge-0/0/23 up up
ge-0/0/23.0 up up eth-switch













しかし、いくつかの特定のインターフェイスをまとめて表示させたい時があり、
その場合は、1つ1つコマンドを実行していた。
たとえば、ge-0/0/1とge-0/0/2の2ポートのみを表示させたい場合、
show interfaces ge-0/0/1 terse
show interfaces ge-0/0/2 terse
の2行のコマンドを実行していた。

確認したいポート数が増えるに連れてだんだん面倒となるため、
できればコマンド1行で表示させたいと思って調べたところ、
正規表現が使えることがわかったので早速ためしてみた。



○アスタリスク
ge-にマッチするすべてのインターフェイスを指定する場合


{master:0}
admin@EX4300> show interfaces ge-* terse
ge-0/0/0 up up
ge-0/0/0.0 up up eth-switch
ge-0/0/1 up up
ge-0/0/1.0 up up eth-switch
ge-0/0/2 up down
ge-0/0/3 up down
ge-0/0/4 up up
ge-0/0/4.0 up up eth-switch
ge-0/0/5 up down
ge-0/0/6 up down
ge-0/0/7 up down
ge-0/0/8 up down
ge-0/0/9 up down
ge-0/0/10 up down
ge-0/0/11 up down
ge-0/0/12 up up
ge-0/0/12.0 up up eth-switch
ge-0/0/13 up up
ge-0/0/13.0 up up eth-switch
ge-0/0/14 up down
ge-0/0/15 up up
ge-0/0/15.0 up up eth-switch
ge-0/0/16 up down
ge-0/0/17 up down
ge-0/0/18 up up
ge-0/0/18.0 up up eth-switch
ge-0/0/19 up down
ge-0/0/20 up down
ge-0/0/21 up up
ge-0/0/21.0 up up eth-switch
ge-0/0/22 up up
ge-0/0/22.0 up up eth-switch
ge-0/0/23 up up
ge-0/0/23.0 up up eth-switch









○カッコ
ge-0/0/1とge-0/0/2にマッチのみを表示させたい場合


{master:0}
admin@EX4300> show interfaces ge-0/0/[12] terse
ge-0/0/0 up up
ge-0/0/0.0 up up eth-switch
ge-0/0/1 up up
ge-0/0/1.0 up up eth-switch




非常に便利である。



JUNOSをもっと学びたい方におすすめ





関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック