FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

WindowsからLinuxへAipoのデータ移行

2013.10.18 (Fri)
WindowsXPの期限切れに伴い、
社内で使用している、オープンソースのグループウェアAipo
WindowsXP(32bit)からCentOS6.3(64bit)に移行しました。


移行手順を記載します。

aipoのバージョン:6.0.3

OS:WindowsXP Pro(32bit) → CentOS6.3(64bit)








Windowsでのコンフィグバックアップ
マネージャでバックアップをとる。

WindowsでのPostgreSQLのパスワードの確認方法
※PostgreSQLのパスワードとバージョンを統一しないとデータ移行は不可

●C:\Program Files\aipo\dpl004\tomcat\webapps\aipo\WEB-INF\datasource\dbcp-org001.properties
のファイルを開く。

※なければ、org001等でファイル検索をする

パスワードは"!!!!"と仮定する。



■CentOSへのインストール準備


●aipoを動かすにあたり必要なものをインストール
yum install make gcc readline-devel zlib-devel nmap

●インストールディレクトリに移動
cd /usr/local

●aipoファイルをインストールディレクトリにDLしておく。

●aipoファイルを解凍
tar xvzf aipo****ja_linux.tar.gz
tar xvzf aipo****.tar.gz

●インストールファイルがあるディレクトリへ移動
cd aipo/bin

●PostgreSQLのパスワードをWindowsと同じものに設定されるようにシェルを編集
  vi /usr/local/aipo/bin/utf8/installer.sh

下記項目のpass=""の部分にWindowsと同じパスワード(例では!!!!)を入力し、
  その他をコメントアウトする。

例)
#///////////////////////////////////////////////
#乱数でPostgreSQLパスワード生成
#///////////////////////////////////////////////

pass="!!!!"
 


■インストール

/usr/local/aipo/bin/installer.sh


■Aipoを起動

/usr/local/aipo/bin/startup.sh


■バックアップファイルの移動

WindowsからCentOSの"/usr/local/aipo/backup/"にFTP等でバックアップファイルを移動

※WindowsとLinuxではファイル命名規則が違うため、リネームする必要あり。
  例)201302180954_01 → 2013021809541
    


■コンフィグのリストア

/usr/local/aipo/bin/restore_handler.sh

Windowsからコピーしたバックアップが現れるため、選択。

■CentOSにWebアクセスして設定が引き継がれていることを確認する。

以上で移行作業は完了。







よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへくる天 人気ブログランキングブログ王ランキングに参加中!
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック