FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Cisco Catalystスイッチ リンクアグリゲーション(LAG)

2013.11.29 (Fri)

リンクアグリゲーションとは

複数の物理的な回線を仮想的に束ね、
1本の回線として扱う技術

IEEE P802.3adにて規定

リンクアグリゲーションを使用することで、
物理回線の使用帯域を合計した量の帯域を使用できるようになる。
※1Gbpsの回線2本を仮想的に束ねれば、
2Gbpsの仮想的通信帯域を使用することができる。
 
速度が異なるポートでは
リンクアグリゲーションは組めない。

また、STPが不要な冗長構成をとることも可能。

リンクアグリゲーションにも複数のモードがある。
active Enable LACP unconditionally
auto Enable PAgP only if a PAgP device is detected
desirable Enable PAgP unconditionally
on Enable Etherchannel only
passive Enable LACP only if a LACP device is detected

Ciscoでは

固定モード
LACPモード)
PAgPモード(Cisco独自)
が利用可能。

一般的にはLACPモード(active)を利用する。








■レイヤー2 EtherChannel(switchport)

ポートチャネル1番を作成して、
インターフェースGi0/1とGi0/2を1本として見せる。
LACPアクティブモードを利用。

Catalyst(config)# interface Port-channel1
Catalyst(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
Catalyst(config-if)# switchport trunk allowed vlan 10
Catalyst(config-if)# switchport mode trunk
Catalyst(config-if)# interface GigabitEthernet0/1
Catalyst(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
Catalyst(config-if)# switchport trunk allowed vlan 10
Catalyst(config-if)# switchport mode trunk
Catalyst(config-if)# channel-group 1 mode active
Catalyst(config-if)# interface GigabitEthernet0/2
Catalyst(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
Catalyst(config-if)# switchport trunk allowed vlan 10
Catalyst(config-if)# switchport mode trunk
Catalyst(config-if)# channel-group 1 mode active






■レイヤー3 EtherChannel(routedport)

ポートチャネル1番を作成して、
インターフェースGi0/1とGi0/2を1本として見せる。
LACPアクティブモードを利用。

Catalyst(config)# interface port-channel 1
Catalyst(config-if)# no switchport
Catalyst(config-if)# ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
Catalyst(config-if)# interface GigabitEthernet0/1
Catalyst(config-if)# no switchport
Catalyst(config-if)# no ip address
Catalyst(config-if)# channel-group 1 mode active
Catalyst(config-if)# interface GigabitEthernet0/2
Catalyst(config-if)# no switchport
Catalyst(config-if)# no ip address
Catalyst(config-if)# channel-group 1 mode active





■EtherChannel のロードバランシングの種類

送信元MACアドレス    送信元MACアドレスに基づいてポートを決める。
宛先MACアドレス     宛先MACアドレスに基づいてポートを決める。
送信元IPアドレス    送信元IPアドレスに基づいてポートを決める。
宛先IPアドレス     宛先IPアドレスに基づいてポートを決める。
送信元&宛先MACアドレス 送信元&宛先MACアドレスに基づいてポートを決める。
送信元&宛先IPアドレス 送信元&宛先IPアドレスに基づいてポートを決める。






よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへブログ王ランキングに参加中!



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック