FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Cisco CatalystスイッチでIOSが破損してしまった時の復旧手順

2013.11.30 (Sat)
IOSが何らかの原因により、
読み込み不可となった場合、
rommonが起動する。

rommon起動時のプロンプトは
"switch:"

※正常時にrommonを起動したいときは
 電源投入時にMODEボタンを長押しする。






■復旧手順


xmodem新しいIOSファイルの転送準備


switch: copy xmodem: flash:ファイル名



●シリアルポートの転送速度の変更
※defaultの9600だと遅いので、
 転送前に転送速度を変えておく。

※115200だと約30分かかる

switch: set BAUD 115200




●Teratermの設定変更
転送速度を変えたらTeratermの設定も変える必要がある

「設定」→「シリアルポート」



「ボーレート」を115200に変更し、OKをクリック





●Flashをイニシャライズ

switch:flash_init




●ファイル転送を開始

「Tera Term Proメニュー」 → 「ファイル」 → 「転送」 →
「XMODEM」 → 「送信」 → 「ファイルを指定(転送開始)」



これでファイルの転送が始まる。



●転送が完了後、ファイルの確認

switch: dir flash:</span>


●転送速度を元(9600)に戻す

switch: set BAUD 9600
switch: flash_init




●転送したIOSで起動

switch: boot flash:ファイル名



よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへブログ王ランキングに参加中!



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック