FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Cisco IOSの実務で使える便利なコマンド

2013.12.03 (Tue)
Cisco IOSで活用できる、
便利なコマンドを2つご紹介

実務でも多用するコマンド







●do

コンフィグレーションモード(conf t)に入っているときは、
show コマンドなど、確認コマンドが普通は実行できない。

それを可能にするのがdoコマンド。

※ただし、Tabによるコマンド補完はできない。


実行例)

普通にshowコマンドを実行したら、

Cisco# conf t
Cisco(config)# show clock
^
% Invalid input detected at '^' marker.

Cisco#

弾かれてしまうが、


Cisco# conf t
Cisco# do show clock
14:00:57.565 JST Mon Nov 25 2013
Cisco#


doを先頭につけることで実行可能となる。







● |(パイプ) オプション

長々しいログ・コンフィグ等の中から
お目当ての文字列を探すのはとても大変です。

そんな時に|(パイプ) オプションを利用することで、
目的の文字列のみを抽出・除外・カウント等を
することが可能


コマンドの種類

Cisco# show run | ?
append Append redirected output to URL
(URLs supporting append operationonly)
begin Begin with the line that matches
count Count number of lines which match regexp
exclude Exclude lines that match
format Format the output using the specified spec file
include Include lines that match
redirect Redirect output to URL
section Filter a section of output
tee Copy output to URL
Cisco#



主に使うのが、
begin :対象の文字列から表示
include:対象の文字列が含まれる行を表示
exclude:対象の文字列を除外して表示
count :対象の文字列がいくつあるかカウント





実行例)

Cisco# show run | count FastEthernet
Number of lines which match regexp = 48



Cisco# show run | include Vlan1
track 1 interface Vlan1 line-protocol
interface Vlan1
Cisco#


応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへブログ王ランキングに参加中!

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック