FC2ブログ

下流ネットワークエンジニアの生活

上流工程を夢見る下流工程のネットワークエンジニアがネットワーク技術や資格、身の回りのことを情報発信! Juniper Cisco YAMAHA DELL D-Link AlaxalA F5 CCNA CCNP CCIE ネットワークスペシャリスト

Juniper Networks JUNOS の基礎操作方法とコマンド

2013.12.17 (Tue)


Juniperの機器にログイン名とパスワードを入力してログインするとOperationalモードになる。

Operationalモードでは、装置の状態確認、状態を示す情報のクリア、
シャットダウン/再起動などが可能。

Operationalモードでは、プロンプトの最後が ">"となる。

例)
user@Juniper>


Operationalモードで"edit"と入力して"Enterキー"を押下するとConfigurationモードに移行する。

Configurationモードに移行すると、プロンプトの最後が"#"に変わり、
コンフィグの変更できる。

例)
user@Juniper#


■コンソール画面出力操作

通常、出力はページごとにされる。

キー操作

Space 次画面に進む
b   前画面に戻る
d 画面進む
Enter 1行進む
/string 検索
n 再検索
q プロンプトに戻る(出力のAbort)
h ヘルプの表示


"|no-more"オプションで一度にすべての出力が可能。










■コンフィグレーションの設定

コンフィグレーションの設定方法は2通り。

1,"set"コマンドで一行一行入力。

例)
user@Juniper# set interfaces ge-0/1/0 unit 0 family inet address 192.168.1.1/24


2,"load override"/"merge"コマンドでまとめて入力。

user@Juniper# loard merge terminal

以下のコンフィグを貼り付け


interfaces {
ge-0/1/0 {
unit 0 {
family inet {
address 192.168.1.1/24;
}
}
}
}

Ctrl+dを押下



■CONFIGモードのディレクトリ

user@Juniper# edit ?
Possible completions:

chassis → シャーシ設定
class-of-service → COS設定
firewall → Firewall Filter(ACL)設定
forwarding-options → コントロールパケットサンプリングのオプション設定
groups → グループ設定
interfaces → インターフェース設定
policy-options → Import/exportポリシー設定
protocols → ルーティングプロトコル設定
routing-options → プロトコルと関連しないジェネラルなルーティング設定
snmp → SNMP設定
system → システムパラメータ設定
[edit]


■コンフィグの確認方法

確認方法は3通りある。

1,Operationalモードで、"show configuration"コマンドを投入。

例)

user@Juniper> show configuration

## Last changed: 2013-10-22 10:00:00 JST
version 11.4R6.6;
system {
host-name Juniper;
time-zone Asia/Tokyo;
root-authentication {
encrypted-password "aaaaaaaaaaa"; ## SECRET-DATA
}
---------------省略---------------



2,Configurationモードで、"show"コマンドを投入。

例)

user@Juniper# show

## Last changed: 2013-10-22 10:00:00 JST
version 11.4R6.6;
system {
host-name Juniper;
time-zone Asia/Tokyo;
root-authentication {
encrypted-password "aaaaaaaaaaa"; ## SECRET-DATA
}
---------------省略---------------


3,Configurationモードで、"show | compare"と投入。

コンフィグレーション(commit前)」と、「commit済みのコンフィグレーション」を比較する。

プロンプトのみが返ってくる場合は"show"で見られるコンフィグレーションと
実際の動作が一致していることを示す。

例)

user@Juniper# show | compare
[edit interfaces ge-0/1/0]
+ unit 0 {
+ family inet {
+ address 192.168.1.1/24;
+ }
+ }

[edit]
user@Juniper#


■コンフィグレーションの反映

設定したコンフィグレーションを装置動作に反映する場合は
"commit"と入力する。

例)
user@Juniper# commit
commit complete

[edit]
user@Juniper#


このコマンドを使用すると同時にコンフィグレーションが
Routing Engine 内のハードディスクに保存される。

※保存されたコンフィグレーションを呼び出す時は、
 configuration モードで"rollback"コマンドを投入する。




■装置の停止

"request system halt"と入力する。

例)
user@Juniper> request system halt
Halt the system ? [yes,no] (no) yes
*** FINAL System shutdown message from router ***
System going down IMMEDIATELY
Terminated
...
syncing disks... 11 8 done
The operating system has halted.
Please press any key to reboot.



装置の電源を落とす時に実行する。
これを実施しないで電源ユニットのスイッチをOFF にすると
Routing Engine 内のハードディスクが故障する可能性がある。




■シャーシの状態確認

"show chassis hardware"と入力する。

装置に実装されている各カードの種別、
ハードウェアのバージョン、シリアル番号、
SFPモジュールの実装を確認する場合に使用する。

例)

user@Juniper> show chassis hardware
Hardware inventory:
Item Version Part number Serial number Description
Chassis ****** M10i
Midplane REV ******* ****** M10i Midplane
Power Supply 0 Rev 05 ******* ****** AC Power Supply
Power Supply 1 Rev 05 ******* ****** AC Power Supply
HCM slot 0 REV 02 ******* ****** M10i HCM
HCM slot 1 REV 02 ******* ****** M10i HCM
Routing Engine 0 REV 01 ******* ****** RE-850
CFEB slot 0 REV 04 ******* ****** Internet




■ルーティングエンジンの状態確認

"show chassis routing-engine"と入力する。

ルーティングエンジンのCPU 使用率、メモリ使用率、温度などの状態確認が可能。

例)

user@Juniper> show chassis routing-engine
Routing Engine status:
Slot 0:
Current state Master
Election priority Master (default)
Temperature 27 degrees C / 80 degrees F
CPU temperature 28 degrees C / 82 degrees F
DRAM 1536 MB
Memory utilization 57 percent
CPU utilization:
User 1 percent
Background 0 percent
Kernel 5 percent
Interrupt 1 percent
Idle 93 percent
Model RE-850
Serial ID *******
Start time 2013-02-20 10:11:16 JST
Uptime 244 days, 5 hours, 46 minutes, 33 seconds
Last reboot reason Router rebooted after a normal shutdown.
Load averages: 1 minute 5 minute 15 minute
0.01 0.02 0.01

user@Juniper>




■システムの温度や電源・FANの状態確認

"show chassis environment""と入力する。

装置内の各カードの状態を確認可能。


例)

user@Juniper> show chassis environment
Class Item Status Measurement
Power Power Supply 0 OK
Power Supply 1 OK
Power Supply 2 OK
Power Supply 3 OK
Temp Intake OK 24 degrees C / 75 degrees F
FPC 0 OK 28 degrees C / 82 degrees F
FPC 1 OK 27 degrees C / 80 degrees F
Lower Power Supplies OK 28 degrees C / 82 degrees F
Upper Power Supplies OK 27 degrees C / 80 degrees F
CFEB Intake OK 27 degrees C / 80 degrees F
CFEB Exhaust OK 35 degrees C / 95 degrees F
Routing Engine 0 OK 27 degrees C / 80 degrees F
Routing Engine 0 CPU OK 28 degrees C / 82 degrees F
Routing Engine 1 Absent
Fans Fan Tray 0 Absent
Fan Tray 1 Fan 1 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 2 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 3 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 4 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 5 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 6 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 7 OK Spinning at normal speed
Fan Tray 1 Fan 8 OK Spinning at normal speed

user@Juniper>



■インタフェースの状態確認

●簡易確認

"show interface terse"と入力する。


user@Juniper> show interfaces terse
Interface Admin Link Proto Local Remote
ge-0/1/0 up up 192.168.1.1/24




●詳細確認

"show interface インタフェース名"と入力する。

インタフェースのリンク状態、MTU 値、設定されたIP アドレス、
MIB のifIndex 値、簡易的な装置のスループットを確認可能。


例)

user@Juniper> show interfaces ge-0/1/0
Physical interface: ge-0/1/0, Enabled, Physical link is Up
Interface index: 130, SNMP ifIndex: 503
Description: GbE interface on the 注記
Link-level type: Ethernet, MTU: 1518, Speed: 1000mbps, BPDU Error: None, MAC-REWRITE Error: None, Loopback: Disabled,
Source filtering: Disabled, Flow control: Enabled, Auto-negotiation: Enabled, Remote fault: Online
Device flags : Present Running
Interface flags: SNMP-Traps Internal: 0x4000
CoS queues : 4 supported, 4 maximum usable queues
Current address: 00:1d:b5:3f:58:1f, Hardware address: 00:1d:b5:**:**:**
Last flapped : 2013-02-20 10:17:55 JST (34w6d 05:43 ago)
Input rate : 50200 bps (31 pps)
Output rate : 60096 bps (27 pps)
Active alarms : None
Active defects : None
Interface transmit statistics: Disabled





■インタフェースのトラフィック状態確認

"monitor interface traffic"と入力する。

インタフェースのトラフィック状態をリアルタイムに確認可能。

トラブルシューティングに最適。


例)

user@Juniper>monitor interface traffic
Bytes=b, Clear=c, Delta=d, Packets=p, Quit=q or ESC, Rate=r, Up=^U, Down=^D
Juniper

Interface Link Input packets (pps) Output packets (pps)
ge-0/1/0 Up 89591353 (4) 88114569 (3)




■ルーティングテーブル確認

"show route"と入力する。

user@Juniper> show route
inet.0: 587 destinations, 637 routes (587 active, 0 holddown, 0 hidden)
Restart Complete + = Active Route, - = Last Active, * = Both
2.2.2.2/32 *[OSPF/10] 07:06:36, metric 10
to 192.168.1.2 via ge-0/1/0.0




■アラーム情報の確認

"show chassis alarms"と入力する。

発生中のアラームを確認可能。

例)

user@Juniper> show chassis alarms
No alarms currently active



■ログの確認

"show log ログの種類"と入力する。

障害や何かの現象が発生した場合に、
以下のような設定をコンフィグレーションに設定しておくことにより、
syslog メッセージとして記録されるイベントをrouting-engine 内の
ハードディスクに保管できます。

例)

syslog {
file messages {
any notice;
authorization info;
}
}




■障害対応等で保守会社に連絡する際に必要な情報を取得

"request support information"と入力する。

装置のハードウェア不良による動作不良や、
コンフィグレーションの修正では解決しない問題が発生した場合に
この情報を取得して、保守会社に送付し、解析をしてもらう。




応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへブログ王ランキングに参加中!



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック